インカムをレンタルすれば大幅な人件費ダウンに成功する

組み合わせて行う特殊印刷

インク

自前での特殊印刷

企業にとって有用なビジネスツールの印刷は重要な課題です。一般的な複合機で印刷しようと思うとフィルムやシール、クリアホルダーなどへしっかりとトナーがのらずに美しい印刷ができないことがよくあります。しかし、東芝の複合機を活用することでその問題を解決することが可能です。トナーに合わせた特殊用紙を合わせて開発しているのが東芝の特徴であり、様々な種類のビジネスツールを自前で印刷できるようになります。トナーの性質をよく理解して、企業で必要とされている印刷を実現できるように用紙にまで配慮を行っているのが東芝の技術開発の優れた点と言えるでしょう。これに着目することによって紙に限らずに様々なものへの印刷が可能になるのです。

迅速なツール開発が可能

企業において販促は欠かせないものですが、東芝の複合機を活用することによってそのためのビジネスツールを迅速に開発できることが着目されています。トナーとして同じものを利用することで様々なタイプのビジネスツールの開発を自前で行えるようになるため、営業の仕事の効率が大幅に向上すると期待できるのです。外注を行っていると納期が数日かかるようなものでもわずかな時間で制作することができるでしょう。また、特殊用紙を購入するだけで様々なものに印刷できるので、種類に応じて別の複合機やトナーを準備する必要がありません。新しいツール開発を行いたいというときにも東芝から提供されている特殊用紙のラインナップから発想を引き出すこともできるでしょう。